【2021年】ワードプレス・ブロックエディターでの記事文字数の確認方法!タイトルカウントも解説

あなたの疑問を解決し隊v、隊員「貴腐人WEB屋」とうこ(@toko39757870)です。

記事を書いて行く上で「タイトル」の文字数が大事ですよね。

ワードプレスの「ブロックエディター」から文字カウントする部分が消えて無くなった。

という記事を見かけますが、2021年9月現在(WordPress5.8.1以降で検証)ではちゃんと標準で「本文の文字数」は確認ができます。

この記事では、ブロックエディター(WordPress5.0以降から投稿する時の画面の事)で文字数を確認する方法をお伝えしてます。

この記事はこんな人におすすめ
  • ブロックエディターを使っていてタイトルや本文の文字数を確認したい人
  • ワードプレスを最近始めた人

とっても簡単なのでぜひ覚えておいてください。

目次

ワードプレスで本文の文字数カウントを調べる方法

本文の文字数は、こちらもクリックするだけ。
画面の「!(コンテンツ構造)」をクリックすると・・・こんな感じで出てきます。

これはこの前の記事「WP Multibyte Patchの使い方、ワードプレスインストール後すぐに入れるべきプラグイン」の文字数を表してます。

便利ですねー。

コンテンツ構造とは何を表しているか

コンテンツ構造ではこの記事本文の中はどのような構造になっているかを表してます。

「語」・・・・文章が文字数を表してます

「見出し」・・見出しが何個あるか表してます

「段落」・・・使用した段落の数を表してます

「ブロック」・編集ブロックが何個あるか表してます

※この中で「段落」だけ少しわかりにくいかと思いますので、後ほど記事にします。

この構造に誤りがあると↓こんな感じにエラーがでます。

とうこ

エラーがあるとあまり良くないよ、たまに注意してみて。

とりあえず「文字数」が何文字あるかが解る場所だ!と記憶してもらってOKです。

文字数を調べる必要がある理由、それは検索エンジンに関係してます

本文の文字数に関しては、多ければ多いほど良いと言うのは過去の話。
最近では「文字数が多い」よりも「検索意図」に沿っていて、かつ「検索意図」が解決していれば良い。
と言わんばかりのGoogleさんです。

上位表示されている記事の中でも文字数少なっ・・・って記事も多くなってきてます。
説明はほぼ動画を見てね〜という記事とかね。

とはいえ、文字数が少なすぎても伝わりませんし、何より自分が何文字書いたかで、自分を褒めたい!
というのは本音ですが(笑
文字数がわかる事で、あんなに頑張って書いた記事の文字数が1500文字とかだった時のなんとも言えないショック感。

せっかくWordPressに標準装備なので文字数しっかり把握しておきましょう。

では、タイトルの文字数についてはどうかというと、Google検索の時に表示されるタイトルの文字数は「30〜35文字」、スマホでは「36〜41文字」程度だと言われているので、それ以内でキーワードを含めたクリックしたくなるタイトルを作成する必要があります。

こっちの方がより重要度が高いと、とうこは考えます。
本文の文字数カウントはWordPressの5.0以前でも標準的についていたものです。
ならタイトルの文字数カウントもWordPressについているのか?
と言う疑問が出てきますよね。

ワードプレスではタイトルカウントが無い

実はWordPressはタイトルのカウントはついていません。
現状のブロックエディターだろうが、クラシックエディター(旧エディター)だろうが変わらずタイトルの文字数の表示は標準では無いんです。

ただし、WordPress関連の使い方の記事などは、旧エディターでの説明画面が多く使われてます。

旧エディターを推奨しているテーマも多く存在してますので、そのような場合は旧エディターである「クラシックエディター」を使うケースもあります。

ではそんな時、タイトル文字のカウントはプラグインや外部サイトを利用するしか方法は無いのかというと、そうでもありません。

ワードプレスでタイトル文字数をカウント数を知る為には?

タイトルのカウントをしてくれるテンプレート(テーマ)があります。
そんなテーマではインストールするだけで、他に何もする必要が無いので、おすすめです。

以下でわたしが使って良かった、おすすめするテンプレートを紹介しておきます。

文字カウント(タイトル)付きの無料テンプレート

Cocoon

無料ではありえないほどの高機能なテンプレートです。
無料で使うならこれ一択かな。と思ってます。

Cocoon
Cocoon SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

SWELL

ブロックエディターを使わなくてもクラシックエディター(旧エディター)でも利用できますし、タイトル、本文の文字数も当然表示されます。
が、ブロックエディターを使った方がSWELLの良さが活きると思います。

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

まとめ

今回はWordPress5.0以降の「ブロックエディター」で「本文」の文字数を確認する方法をお伝えしました。
WordPress5.0以降のブロックエディターでは「本文」もどちらも文字数は投稿画面で確認できます。

これでもう面倒な他の文字数カウント系のサイトや面倒なプラグインのインストールもせずにすみますよ。

また、タイトル文字数を図るには対応しているテンプレートが必要です。
今回紹介したテンプレートは初心者にもオススメなので、確認してみてくださいね。

以上!
この記事で、あなたの疑問を解決できたなら、嬉しいです^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

もしこの記事の内容でわからない事がありましたら、ぜひとうこに教えてください。
さらに解りやすいようにします!

日本一解りやすい解説を目指す、とうこでした。

この記事を書いた人

こんにちは!高梨塔子と申します。約20年ほどWEBの業界で製作者としてご飯を食べてきました。このサイトではその経験を活かして、ブログのカスタマイズ方法や、運営方法など、あなたの疑問を解決する情報をお伝えしていきます!
塔子のプロフィールも見てね→

目次
閉じる